株は儲かるよ!と勧められた経験はありませんか?正直な話、大きなデメリットが存在する以上、簡単に手を出しにくい印象があるかと思います。ここは株初心者が、最初にやりがちな失敗を事前に把握することで、株に対する理解を深める為のサイトです。

2016年07月の記事一覧

初心者の株の投資は小額がおすすめ

株式投資は、上手に取引が出来れば資金が勢いを持って増えていく非常に魅力的な投資です。
しかし、利益を出すことは簡単ではなく、知識と経験が必要になります。
株式投資の初心者はつい自分の余裕資金を全て最初の投資資金として入金してしまいがちですが、それは間違いです。
初心者は、少額から始めるのが株の鉄則です。
株式投資を始めた当初はモチベーションも高く、貪欲に株関連の書籍を読んだりインターネットで調べたりして知識を吸収していきます。
そして得た知識を使って意気揚々と実戦に挑むのですが、良い結果が出ることはまずありません。
仮に取引が成功し資金が増えたとしても、それは一過性のもので長期的な視点に立てば必ず負けます。
なぜなら、株式投資には知識だけではなく経験の蓄積が必要だからです。
どんなに豊富な知識を持っていても、実際の株式相場に触れて経験を積まなければ株の動きを把握することは出来ず、利益出すための投資戦略を立てることが出来ないのです。
知識のみの状態で投資を始めれば、あっという間に最初の投資資金を失ってしまいます。
しかし、これは経験を積むための授業料なのです。
その授業料のために大金を失ってしまっては、その後の資金が続かずにせっかく得た経験を活かすことが出来なくなってしまいます。
だからこそ、最初の投資資金は少額に抑えることが重要なのです。
また、授業料を支払って経験を得たあとも上手に取引をすることは簡単ではありません。
相場は生き物に例えられることもあり、決まった動きを繰り返すものではないのです。
自分の知識と経験にフィットする相場状況が訪れるまで待つことが必要になり、そのときに大量の資金を投入するために、最初の資金は少額にしておきましょう。

続きを読む

株で短期間で儲けたい!という思考は危険?

株は中長期的な戦略で取引をすれば、損失が小さくなります。
しかし初心者の多くは、すぐにでもお小遣いを増やしたいと短期的な投資にチャレンジしがちです。
デイトレードのような短期的な投資は素人が行うとギャンブル性が高くなります。デイトレードでは1日中コンピュータを起動させ、値動きをチェックしています。
通常は株は運で利益が出るものではありませんが、一気に値上がりすると競馬やパチンコで大勝ちしたような高揚感に包まれます。
人はストレスを感じるとノルアドレナリンが分泌されて、ストレスによってもたらされる危険から守ります。
一方でリスクを避けないことでスリルを感じると、快感物質のドーパミンが分泌されます。デイトレードはノルアドレナリンによって強い緊張感を常に持ち続けますが、利益が出るとドーパミンで心地良さを感じてしまうので歯止めがきかなくなります。
さらにデイトレードは利益も小さくなる傾向があります。
短期間しかポジションをとらないので、リスクが軽減するのは確かです。
しかし同時にリターンも小さくなるので、中長期的な投資を続ける人の方が儲けを出しやすいです。
デイトレードで利益をたくさん出すためには、たくさん株を売買しなければなりません。
その度にリスクはついてまわるので、本来はリスクが小さいデイトレードもリスクが高くなり、リターンは小さいままです。
デイトレードで欠かせないのが、チャート分析です。
チャートの特徴的な動きを見て、売買のタイミングを見つけます。
しかしチャート分析は結果論であることが多く、分析しても予想通りの動きを見せることは少ないです。
プロの投資家は損失を抑えるには長期的な運用が大切だと分かっています。

続きを読む