株は儲かるよ!と勧められた経験はありませんか?正直な話、大きなデメリットが存在する以上、簡単に手を出しにくい印象があるかと思います。ここは株初心者が、最初にやりがちな失敗を事前に把握することで、株に対する理解を深める為のサイトです。

2016年11月の記事一覧

大日本印刷が手掛けるマイナンバーとスポーツ関連株

株式投資では、その時期の注目テーマを見ていくのが有利です。そのテーマに関連する事業に携わっている企業は、株価もこの後上昇を続けていく可能性が高いからです。その一つがスポーツです。今年はオリンピックがありますので、例えば代表選手が所属していたり、トレーニングウエアを扱っていたり、運動の際に不可欠なスポーツ飲料メーカーだったりしますと、今年はその関連で業績も好調になると考えられます。テレビ中継もありますので、それに関係した企業にもメリットがあります。さらに、2020年には東京で行なわれますので、前記のものに加えて、競技場などの建設関係、ホテル、鉄道などいろいろな需要があります。これから2020年にかけては、スポーツの中でも特にオリンピック関係株に注目していくのが不可欠です。現在の大きな注目テーマのもう一つが、マイナンバーです。例えば大日本印刷は、マイナンバーに関するBPOに注力しています。BPOというのは外部委託のことですが、マイナンバー事業は作業が膨大なため公共機関だけではさばけないですし、セキュリティの上でどういう事態が起きるかもわかりませんので、ノウハウを持つ大日本印刷に委託されるのです。大日本印刷では、そのノウハウを使って自動車関連にも参入しています。昨年に自動車部品の製造企業を買収しましたが、それを機に車のセキュリティを手掛け、情報漏洩などから守るサービスを行なっています。マイナンバーに関しましては事業の需要が多いですから、株価もさらに右上がりになると予想できます。なお、大日本印刷ではそのほか、本来のカラー印刷技術を生かして、スマートフォンの液晶カラーパネルも主力としています。スマートフォンの台数自体は世界的に抑制気味ですが、大日本印刷は技術力がすぐれていますから、今後利益も上がっていくと考えられます。

続きを読む